ネック・プロファイル


バックのプロファイルはギターの弾き心地に関わる非常に重要な要素です。
まずはCNCマシンで大まかに削り出し、その後は手作業で目指すシェイプと厚さに形成されます。


二つの数字は1フレットと12フレット位置での厚さをインチで表しています。

例えば C 83 92 の場合:

バックシェイプ = C

1フレット位置の厚さ = 0.830インチ
12フレット位置の厚さ = 0.920インチ

という事になります。


V-C は Vから徐々にCに変わっていくシェイプ。


=============================================================
店長Katsumiより:


Medium C 83-92
業界標準と言ってもいいサイズ。最もリクエストが多いのもこれ。
最も普通、最も平均的と言っても良いでしょう。


Thin C やThin D は何故かメタル系の人に人気があるようですね。超速弾きを目指すならばクラッシックギターのような正しい左手姿勢の方が有利で、そういう場合にしっくり来るのがこういうシェイプだから?


主観ですけど90以上から始まるプロファイルは結構太いので手の小さい人には不向きだと思います。
いくら好きなアーティストが使っていても「奴の手はすっごくデカい」って時も多いからなんでもコピーして真似るのは禁物。


V シェイプって最初クセがあるけれど慣れるとハマりませんか? 自分はいろんなギターを弾いて久しぶりに1957 Vを持つと「帰って来た感」に襲われます。