ナットの溝


Flat Bottom (フラットボトム)とは溝の底辺がフラットという意味です。

Curved Bottom (カーブドボトム)は溝の底辺も指板と同じようにRが
ついているタイプでVintageに多くみられる構造です。

Katsumiから:
フラットボトムの方が当然ナットを造るのが簡単で、
ネックに密着する精度の高いナットも造りやすいです。
音的にはカーブドでもフラットボトムでも、違いがわかる程は
変わらないです。





ナット自体はオプションで購入しない限り付属しません。 



 



ロッキングナットやLSRナットの場合、 実際に指定可能な指板のR、
ナット幅のオプションが少なくなります。 詳しくはお問い合わせ下さい。


LSRローラーナットとEarvana OEMナットはスロットに互換性があります。
(この2社はどちらも左利き用のナットをサポートしていません)

LSR Nut



Earvana OEM システム

 
Earvana ナットとは?