ショッピングリスト
 


























 
 
 
  よくある質問
 
  お問い合わせ
 
  店長Katsumiの個人ブログ
 

  


TCTGP FAQs - よくある質問


 


USACG

Q
USACGではFenderのストラトと同じ形のヘッドストックは造れますか?


いいえ。 USACGに関してはオリジナル・シェイプのみが作成可能です。
同じ形のが良いのなら素直にMusikraftかTCTGP工房製のにした方が話が早いです。

自分でやるならUSACGのUS-2,US-3等を元に自分でヤスリで削れば割と簡単に
Fenderのような形にする事は可能です。
US-1を元にテレキャスのようなヘッドに改造するのは木部が足りないので無理ですよ。
でも、こういうのは貴方が住んでる国の著作権法とかがからんでくる話だろうから、
そういった改造は自分の責任でやって下さいね。

あ、あとうるさいマニアのために; オールドFenderのヘッドの形には
個体差があって、年代とかモノによって微妙にカーブとか、厚さ、面取りが異なります。
糸巻きの位置が違う物さえあります。私が知っているだけでも50年代のストラトには最低3種類の
微妙に違うルーターテンプレートがあったはず。



Musikraft

Q
MusikraftはFenderライセンスネックだからFenderのロゴを付けられますか?


いいえ。 ライセンスは「Fenderのと同じ形のヘッドストックで売ってもいいよ」という
話なのでロゴまで付けたらアウトです。
ちなみにFenderライセンス事情って信じられない酷い話みたいで・・・あ、業界の秘密だからNGか・・。




USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q
スラブボードの指板は出来ますか?


はい。 
USACGとTCTGP工房はスラブボードのみで、Musikraftはスラブかラウンド貼りかが選べます。
(ラウンド貼りはヒンシュクの極薄だった時期は再現していないので大丈夫です)


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q
ネックとネックポケットにスクリューの穴を開けてくれますか?


ネックとボディがどちらも同じメーカーならば、ピッタリ合う穴を開けられます。
ボディだけ買った場合は穴をどうするかは自分で選べます。
ネックだけを買うなら穴は開けないで自分のボディに合わせて自分で開けるのが安心でしょう。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
私のFender Japan(やWarmoth)のボディに無改造でネックが付きますか?

A.
他社製品との互換性は付けてみなければわかりません。製造年代によって例え同じモデル
だとしても微妙にネックポケットの仕様が違うかもしれないですし、塗装の種類・手法
で厚さや幅が変わっている可能性もあります。各社の全てのモデルの全ての年代をチェック
するのは不可能なので、この辺はユーザーまかせになります。
(まあ、大抵は普通に付くか、付かなかったとしても少しの改造で付く場合がほとんど
だとは思うんですけどね)

ギターのパーツのサイズはある程度は規格化されていますが、例えばコンピューター
のパーツのサイズのように厳密には決まっていないので、各社それぞれ微妙に違う
というのはよくある話です。だからギターを「改造」する場合は
無理やりにでもなんとかして付けてやる
といった心構えが必要です。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q
ネックにはナットが付いて来ますか?


Musikraftはネックの購入時にナットを付けるオプションが選べます。

TCTGP工房はボーン、TUSQ、Floyd Rose、ブラスなど、
とにかくお願いすればビルダーが大抵の物なら付けてくれます。

USACGの場合はナットは付きません。(何度お願いしてもダメでした・・)
USACGの持論として、 ナットは実際に組み込む時にプレーヤーと
ビルダーが相談しながら調整するものだからだそうです。
(そこまで深い世界に入れないぞと言う人は、市販の溝付きナットを
試して見ると良いでしょう。実際そのまんまで使える事も多いので)


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q
指板にスキャロップド加工はやってくれますか?

A
いいえ。
でもUSAで評判の高い加工屋さんにUSACG/Musikraft/TCTGP工房から
直接パーツを送ってもらう手配をする事は可能です。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q
自分で用意した材を送ればそれを元に加工してくれますか?

A
USACG、TCTGP工房の場合は自分で材を用意して送れば可能です。

Musikraftは昔はやってくれたのですが、今はダメと言われる事の方が多いです。


USACG

Q
全然安いネックが近くの楽器屋に売っていたのでそちらにしようと思います。
「USACGは適価」なんて言うから期待していたのに・・・・・・(以下文句がタラタラ)


A
そりゃー安いのなんて探せばいくらでもありますよ。 でも、こっちが高品質カスタム仕様
で勝負している時に「低価格量産ネックの方が安い」って文句付けられても困ります。
まあ、価値観なんて人それぞれだし、ギターの腕にもよるし・・。
いいんじゃないですか? 貴方にはその安物ネックで。
でも、巷には元々楽器用材としてのグレードに達していない木を切って、シーズニングも
ロクにしないで「即・強制乾燥室送り」で製品にしている粗悪な製品も多く出回っているから
そういうのをつかまされないように信頼出来る所から買いましょうね。
(このようにして出来たネックは今は良くても将来曲がる可能性が非常に大なので)
あと、安物はフレットも即効で減りますよ。。
では、Have a nice life!
 


USACG

Q
USACGのS Styleボディは

「一本の1954年ストラトのボディを完全にコピーしました。ビンテージの
細かい仕様にうるさいマニアも納得のスペックです。」

とありますが、本当に何もかも、全てにおいて正確に再現されているのですか?


A
こーいうマニアックな話は好きです!
こだわる貴方なら既にわかっているでしょうが、巷にはストラト(とかテレキャス)
のボディとして売っていながら実際は、見る人が見れば
「微妙に違うじゃん!形が!」
というパターンが非常に多いですね。 多分貴方もそういう目に遭って来たから
この質問をされたのでしょう。
これって気付かない人は幸せですが、ちょっと「絵心があって目がいい人」だと
気になりだしたら止まりませんね。

さて、Vintageと呼ばれる時代のFenderは現在よりも手作業の部分が多かった
せいで、同じ年代でも形にバラツキがありました。
USACGのSボディはその中の一本、Tommy所有の1954年ストラトを
3Dスキャンしているので、全体の形についてはそれと全く同じです。
でも実は「パーフェクト・レプリカ」ではありません。
これは「間違えている」のではなくて、「改良してある」のです。
何が改良されているかと言うと;

(1)
ピックアップ・キャビティを少し深く加工してあり、いろんなピックアップを
付けられるようになっている。 
こうしておかないと、かなりの確率で今時のPUが付かないからユーザーが
自分でボディを削る羽目になる。

(2)
コントロール・キャビティは1954年ではなく60年代の形になっている。
こうしておかないとユーザーが11点止めのピックガードを選ぶ事が
出来なくなってしまうので。
(ユーザーが自分でその部分をルーターで削れば54年と同じにする事は出来ます)

(3)
オリジナルのネックポケット部はイマイチな造りの物がありますが、
USACGのはCNCで正確に加工してあります。

(4)
ジャックの穴に工夫がしてあって、ジャックの取り付けが簡単に
出来るようになっています。


・・と言った所です。
「ビンテージの細かい仕様にうるさいマニアも納得のスペック」
だと思いますけど、どうでしょうか?


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
メイプルネックはソフトメイプルですか、それともハードメイプルですか?

A.
TCTGPが扱っているネックにソフトメイプルを使う訳ないです。ハードメイプルに決まっています。
低価格量産ネックでは無いので。


USACG / Musikraft

Q.
価格表にある値段と送料以外に何か経費がかかりますか?

A.
受け取り時に税金とか通関手数料等がかかる場合があります。
不思議な事にUSAから何かを送ると、例え同じものでも
税金がかかる時とかからない時があるのです。
(何ででしょう??)


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
フロイドローズ用スタッドやPUキャビティを
24 3/4スケールに合わせた位置に開けてもらう事は出来ますか?

A.
コンバージョン・ネックは普通のボディにそのまま付けられるように設計されて
いるので、ブリッジとPUの位置は全く同じでOKです。 

 


USACG  / TCTGP工房

Q.
PUキャビティを指定した位置に開けてもらう事は出来ますか?

A.
可能です。これには追加料金がかかります。



USACG

Q.
コア ボディのストラトは造ってもらえますか?

A.
Koaは問い合わせが多いのですが大抵はお断りしています。
USACGのスタッフの多くが
「Koaは美しいけれど鳴るソリッドギターは見たことない」
ってすごく否定的だからです。美しさも大事だけれど一番はやはり「音」ですからね。
Koaは元々高い材だから、売れば利幅も大きいのだけれど自分達の納得の
行かない物は絶対に造らないというスタッフがそろってますから。
ちなみにホローボディのトップとかソリッドボディのトップの化粧板として張るのなら
良いですよ。


TCTGP

Q.
写真や設計図を送ればカスタムシェイプのボディを造ってくれますか?

A.
オリジナルパーツ製作サービスをご利用下さい。
多分日本のメーカーに頼むよりも半額以下で出来ます。

(あと、めちゃくちゃ安く上げたい人は個人的に付き合いのある中国ファクトリーで何でも
造ってくれるって所があります。
普通だと最低100個はオーダーしてと言うOEM工場が多いけど、ここは一個でもOK。
興味がある方はお問い合わせ下さい。この場合はTCTGPとしての正式サポートは出来ないですけどね・・)





TCTGP工房

Q.
ギブソンのような角度付きのギターのヘッドストックは作成可能ですか?

A.
現在TCTGP工房のみ可能です。角度については固定で特注は無理。
USACG、Musikraftは共に生産中止になりました。
 


USACG / Musikraft  / TCTGP工房

Q.
バジーフェイトン・システムには対応していますか?

A.
いいえ。 でも、Earvanaというシステムに対応しています。


 こんなのです

フレットを使った弦楽器は理論的にチューニングが「完全に」合う事はありません。
バジーフェイトンやEarvanaは、より正確なチューニングになるようにナットに工夫が
してあるシステムです。バジーと違ってEarvanaは特殊なチューニングの必要が無く、
しかもチューニングの精度が良いので、USACG、ミュージクラフト、TCTGP工房が
Earvanaに対応をしています。(確かワーモスも対応していますね)

注意しなければならないのは、この手のナットとかチューニングシステムは
世に多数存在していてそれぞれが「ウチのが最高!」と宣伝してます。
しかしギターのチューニングが合わない理由には複数あり、改善
するために何を優先するかで各社の設計思想が全然違っています。
ある会社のある手法を取り入れれば完璧という事は絶対にありえません。
多くが自分の理論に都合の良いセッティングをして、もっともらしい数値や
グラフを提示して「他社のはダメだ」的な宣伝をしているので鵜呑みに
しないようにしましょう。

Earvanaはそんな中にあって割りと世間の評価が高い製品です。



USACG / Musikraft  / TCTGP工房

Q.
支払い方法は?

A.
お支払いはもちろん日本円でOKです。
最初に全額か、もしくは50%以上(総額が15万円以上の場合は70%以上)
を振り込んでいただいてから正式発注となります。
クレジットカードでのお支払いも可能です。



TCTGP工房

Q.
22フレットのネックで、つば出し(21+1フレット)じゃないのが欲しいのですが。


A.
仕様によっては製作可能なのでお問い合わせ下さい。

 


TCTGP工房

Q.
ムスタングのボディは造ってくれますか?

A.
はい。
このページを見て下さい。

 


USACG / Musikraft  / TCTGP工房

Q.
Fenderとスケールが違うネックを付ける場合、今持っているボディを改造
しないといけないのですか?(ブリッジの位置など)


A.
コンバージョン・ネックならば普通のボディにそのまま
付けられるように設計されているので、ボディの改造は必要ありません。


USACG

Q.
USACGのVシェイプネックはSuper Soft V以外の断面図が無いので
どういう形なのかわかりません。

A.
すみません。 そう言えば絵がないですね。


*** Medium V 

結構きついVで57's や58 Stratとそっくり


*** Hard V

ハンドメイドで造るシェイプで、かなりシャープな頂点を持つ
オールドのマーチンのようなシェイプ
 


USACG

Q.
ネックでスクエアヒールかラウンデッドヒールが指定出来るとありますが、
これの意味がわかりません。


A.



ストラトのネックみたいにエンド部がちょっと丸っこいのがラウンデッドヒールです。
ツバ出し指板のエンド部の話では無いですよ。あくまでもネック本体のエンド部の
話です。



USACG / Musikraft  / TCTGP工房

Q.
BODYは何ピースですか?


A.
標準のBODYは2ピースです。(普通でFender Custom Shopレベルですね)
追加料金で1ピースにする事も可能です。

2ピースは普通はセンター合わせですが、追加料金で
VintageのようなOff Center Joinも可能です。 ブリッジの下、ネックポケット部には
材の合わせ目が無いぞってパターンですね。マニアックな話ですみません・・。



USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
フレットレスベースのフレットのラインを付けたり付けなかったり指定出来ますか?
 
A.
はい。可能です。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
ブロックインレイやPRSのようなインレイは可能ですか?

A.
Musikraft、TCTGP工房はブロックインレイも指定出来ますが、
USACGはドット・インレイのみです。

PRSの真似をしたら怒られるので無理です。


Musikraft  / TCTGP工房

Q. 
70年代のようなブレットタイプのロッドは可能ですか?

A.
はい。MusikraftとTCTGP工房で可能です。



Musikraft

Q.
セットネックのボディやネックは造ってくれますか?

A.
Musikraftがセットネックのモデルを販売しています。


USACG

Q
なぜT-ホロウ・ボディの1ピースバックは構造上おすすめできないのでしょうか?

A.
USACGのTommyによれば・・

=================================== 
経験のあるギタービルダーの多くが同じ意見のはずです。ホローボディの場合 
1ピースバックだと将来トップが剥がれたり、ヒビが入ったりする可能性が 
2ピースバックのものよりは高くなります。もちろん1ピースでも大丈夫な固体も 
多くありますが、これは造ってみて何年か経ってみないとわからないので所謂 
「賭け」になります。 
2ピースバックは1ピースに比べれば安定しているので、こういう問題は 
起こりにくくなります。 
=================================== 

・・だそうです。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
Top Rout, Rear Rout の意味を教えてください

A.
Top Routはストラトのようにコントロール・キャビティを表面から開けるタイプ。
なのでピックガードが必要になります。

Rear Routはレスポールのように裏面から開けるタイプです。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
指板の指定でcompound radiusという言葉が出てくるのですが
これの意味がわかりません

A.
compound radiusはナット側とネックエンド側のRが違います。
円錐を一部切り出した形だと思って下さい。

クラッシック楽器では当たり前だしオールドのマーチンにも
こういうのが有ります。

ローポジションでコードワークが楽

ハイポジションでソロが弾き易く、チョーキングした時にも音切れしにくい


・・といった、「Vintageとモダーンの良いところを兼ね備えたプロファイル」
等と一般的には言われているようです。
(短所は特に思いつかないです・・・
強いて言えば造るのが難しいって事くらいかな?)

ちなみに、compound radiusもストレートもどちらもかなり弦高を
低目にセット出来ますが、「とことん限界まで低く」したい人は
ストレートの方が良いですよ。


USACG

Q.
ShagwireのBodyもS-styleやT-styleのように
実際にある年式のものをモデルにしているのですか?

A.
Shagwireは62年の物をモデルにしています。


USACG

Q.
ネックの価格表に載っているものにはフレット代、塗装代も含まれていますか?

A.
フレットは好きなのが選べて料金も含まれていますが、塗装は別料金です。
塗装代はお問い合わせ下さい。

(Musikraftの場合はフォームを使ってオプションを指定すれば塗装料金も含めた
値段が表示されます)


USACG

Q.
標準の塗装はかなり薄いポリウレタンFinishとの事ですが、Fenderの初期型Highway-1
の塗装のようにすぐに剥がれてしまうのですか?

A.
いいえ。多くの量産ギターに塗られている塗装よりは遥かに薄いですけど、
使っているうちに剥がれてしまうほど極端に薄くはありません。

・・・しかし初期Highway-1の塗装って何だったんでしょうね?あれは当時新しい
手法だったらしくUSAの塗装業界紙に「Fenderが採用した」ってニュースに
なっていました。
でも、実際にはすぐに色が剥がれる、ってゆーか、店に並べる前にもう剥げてるし・・
みたいな相当困ったクォリティでしたね。



USACG / Musikraft / TCTGP工房 / MJT

Q.
ラッカーで塗る場合はVintageと全く同じ様に塗ってくれるのですか?


A.
一言でFenderのVintageと言ってもどの年代、どの色かによって塗装方法は様々です。
Vintage = オールラッカーフィニッシュというイメージがありますが、実際には年代や
モデルによっては下塗りにplasterや他の塗料を使っていたり、ベースカラーはラッカーで
なかったり、ヘッドストックの表面のみラッカーだったりと、いくつもの
バリエーションが存在します。
USACG、Musikraft、TCTGP工房、MJTがラッカーを使う場合は、最も評判が良いと思われる
オール・ラッカーで塗るという手法を採用しています。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q
どうもフレームメープルのネックは普通のより柔らかいのが多いように
思えます。50年代の様な堅いフレームメープルにしたいのですが


A
するどい所に気が付きましたね。
よく他メーカーはflame maple neckをSilver Mapleという材で造る事があります。
これは見た目が良い物が多いからなのですが、確かにHard Rock Mapleよりはソフトです。
堅くて良いflame maple材はあまり多く出回っていないのですがTCTGPが扱うパーツは
必ずHard Rock Mapleを使用して丈夫なネックを造っています。 
出来れば「杢」があまり強く出ていない物をお勧めしています。強い杢のネックは
見た目は美しいけれど、どんなにHardなメイプルを使っても安定しない場合が多いので。
ちなみに一番怖くてギャンブル性が高いのは杢が強いバーズアイです。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
BodyとNeckを買ったのに、ネックしか届きません??


A.
BodyとNeckは別々に発送される事があるので到着日が一週間くらい
ずれるのは普通です。 心配しないでもう少し待って見て下さい。


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q.
ヘッドストックのKluson Tuner用の穴が小さ過ぎて
bushが入りません。

A.
しっかりとインストールするために穴は小さ目に造ってあるのが正解です。
Bushが入らない場合は入り口の部分を最初に
リーマーの様なもので少し広げてからインストールして下さい。

きつくて入らないって時にハンマーで無理やり叩き込んだら絶対ダメです。
ビルダーによっても違うのでしょうが、私が知っているやり方は;

(1)
穴の入り口部分をリーマーのような物で少し広げておく

(2)
ちょっとロウソクのロウをこすりつける

(3)
クランプ、万力、又はドリルプレスのドリルを外した状態、みたいな道具を
使ってゆっくりとパーツを木部に埋め込んでいく。

大事な部分が傷つかないようにあて木などを使って工夫してください。
 

 


USACG

Q.
USACGはどんなメーカーにOEM供給をしているのですか?

A.
そういうのは契約上、言ってはならない事になっています。
個人的にはすごく言いたいんですけどね。 私なんて顧客リストを見ると「目まい」が
して来ますから。米国のとっても大きなメーカーだったり、一流ビルダーのあの人も
この人も今ではすっかりUSACGにお願いしてたりと・・

USACG製のパーツを使ったギターが市場に出る場合は、ほぼ100%ハイエンド・モデル
高級ギターとして売られています。(まず$2000以下では買えないでしょう)

(ちなみにMusikraftとTCTGP工房の顧客リストも凄いんですよ)

 


TCTGP

Q.
アメリカで売っているxxxxxxというパーツが欲しいのですが日本国内では入手出来ません。


A.
もし自分で直接オーダー出来ないならパーツの手配を私(Katsumi)が個人的に
お手伝いしても良いですけど、その分の手数料はいただきます。
あくまでも個人的にヘルプするだけなのでTCTGPとしての正式な保証は無いですよ。
まあ、相談して下さい。

 


カラハム

Q.
カラハムパーツが日本で買うより安いのですが何か違うのですか?


A.
TCTGPはカラハムから直接仕入れているので余計な仲介業者が
少ない分、他よりも安く出来ているのだと思います。あと、高い広告費も
払っていないからその分を頑張って回収する必要も無いですし。
ちなみにTCTGPは日本の一部の楽器屋のようにエンハンスドバージョン
ではない、昔に仕入れた古い機種を売るという事は無いので安心して下さい。

 

 


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q
フレットレスベースの指板にエポキシ・コーティングは可能ですか?

A
いいえ。
でもUSAで評判の高い加工屋さんにUSACG/Musikraft/TCTGP工房から
直接パーツを送ってもらう手配をする事は可能です。
 

 


USACG / Musikraft / TCTGP工房

Q
サーモウッドのネックやボディは扱っていますか?

A
最初聞いた時 何かと思ったらUSAギター業界で言う所のロースト加工の事ですね。
ロースト加工のAsh, Maple材はUSACG, Musikraft, TCTGP工房で扱っています。
 

 


TCTGP

Q.
TCTGPってどこにお店があるのですか?


A.
TCTGPは当サイトのオンラインShopのみで実際に来店出来るようなお店は無いです。
TCTGPはアメリカの会社で本社はNew Yorkにあります。



 ちなみに店長Katsumiの個人ブログ TCT もよろしくです!


 




 




 





    
This site and its contents are copyright  © 2002-2017 by TCT Guitar Parts and Yajima String Works. All Rights Reserved.
All other brand names, logos, trademarks referred to on this site are the property of their respective owners